ペット

Read More

暮らし 2019-07-31

ペットが暮らしやすい賃貸物件を選ぶときのポイント

最近は、犬や猫などのペットと一緒に暮らせる賃貸物件が多くなりました。いつかはペットを飼いたいと思う人にとっては嬉しい限りではないでしょうか。

しかし、ペット可の物件とはいえ、必ずしも動物を飼うのに適している物件ではありません。また、近隣住民に対する気遣いももちろん必要です。

今回は、賃貸物件でペットを飼うときに気を付けなくてはいけないポイントについてご紹介します。

满堂彩報を画像だけで判断するのはNG!!

最近では賃貸情報もネットですべてチェックできますので、内見をしないまま画像だけで決めてしまう人も増えているそうです。

自分ひとりが暮らす場合はそれでも良いかもしれませんが、ペットと暮らす人はしっかり内見をしましょう。
例えば床や壁の素材がどんなもので作られているかは、実際に目で見て触ってみないと動物が噛んでも問題ないか確認できません。

また、賃貸物件の場合はフローリングがほとんどですが、フローリングはペットが足腰を傷める原因にもなります。
しかし、賃貸物件の中には、滑りにくかったり足腰に負担が少ない素材を使ったフローリングを採用していることもあります。

実際に一緒に暮らすペットによって、物件に求める条件も変わってきます。写真では見えない箇所もしっかり確認するためにも、必ず一度内見するようにしましょう。

ペットが暮らしやすい周辺環境か確認すること

ペット可の物件を確認するときは、周辺環境をチェックすることも必要です。特に犬は散歩が欠かせないので、周辺に公園があるか、または散歩しやすい道があるかなどを確認しましょう。

また、いざというときのために近くに動物病院があるか、フードやトイレ用品などを購入できるお店があるかもチェックしておきましょう。

ペット可の物件でも周囲への配慮が必要

ペット可の物件だと、周りの人も全員ペットを飼っているから、ある程度の騒音は許してもらえると思うかもしれませんが、そんなことはありません。

ペット可の物件でもペットを飼っていない人もいますし、鳴き声やニオイの少ない小型動物を飼っている人もいます。さらに、ペット同士のトラブルがご近所トラブルに繋がることもあります。
例えば部屋の中で犬に無駄吠えさせないのはもちろんですが、共有スペースで他の人や動物に吠えてしまわないなど最低限のしつけは必要です。

ペット共生型賃貸がおすすめ!

ペット可の賃貸物件には、通常の物件をそのままペット可能とした物件と、最初からペットと一緒に暮らすことを前提とした共生型の物件があります。

ペット共生型の賃貸物件は、近隣住民もオーナーもペットを飼うことに理解が深いため、ペットを飼う人の住みやすい条件がそろっています。
共有スペースに足洗い場が設置されていたり、部屋の中にはペット用の出入り口が設置されているなど、さまざまなペットへの配慮がなされているのでおすすめです。
さらに、入居後にしつけセミナーや相談会などサービスが受けられる物件もあります。

まとめ

賃貸物件でペットを飼うときに気を付けなくてはいけないポイントについてご紹介しました。
ペット可の物件やペット共生型賃貸は、ペットを飼いたい人にとってとてもよい賃貸物件選びの条件といえますが、一方でそのぶん近隣住民への配慮も大切です。

ペットにとっても暮らしやすい賃貸物件を選んで、一緒に楽しく生活していきましょう。


Read More

知る・学ぶ 2019-07-23

子犬のお散歩デビュー! 気を付けるポイントは?

犬を飼い始めた方にとって、一緒にお散歩に出掛けることは楽しみの1つではないでしょうか?

待ちに待った子犬がわが家にやってきて、お散歩デビューさせるのは最初の大きなイベントです。
しかし、子犬を飼い始めて間もない飼い主さんにとっては、いつからお散歩に行っていいのか、どのような点に注意すればよいのか分からないことが多いかと思われます。

そこで今回は、子犬のお散歩デビューで気を付けるポイントについてご紹介します。

子犬の散歩デビュー前に気を付けるポイント

子犬がわが家にきたばかりのころは、まだ首輪をつけていないことも多いでしょう。子犬のお散歩デビューは、まずは首輪をつけることから始まります。

最初は首輪に慣れさせよう

最初は首輪をすると嫌がる子犬も多いので、少しずつ慣らしていくことが必要です。
まずは、リボンなど軽くて小さいものを首輪の代用にして慣れさせましょう。いきなり首に結ばずに、子犬の首に対して緩めの輪っかにしたものを作り、おやつなどで誘導し自ら首を通すように促して装着します。
強引に装着すると首輪に対する嫌悪感を感じて慣れにくくなってしまいますので注意しましょう。

首輪のつけ始めで落ち着かない子にはおもちゃで気を紛らわしたり、大人しくなってしまう子にはおやつをあげたりするのも有効です。子犬の性格に合わせて色々工夫して慣らしていきましょう。

リードをつけて室内トレーニング

首輪に慣れたら、次はリードに慣れさせます。リードの感覚に慣れないうちは足に絡ませたり、飼い主にじゃれついてきちんと歩けないこともあります。
さらに、首が引っ張られる感覚が慣れず、リードを嫌がってしまうこともあります。そのため、最初のうちはリードをつけたまま部屋の中で過ごし、リードの存在そのものを慣れさせるようにしましょう。
その後、飼い主がリードを持って歩くことに慣れるよう、室内で事前にトレーニングするのがオススメです。

また、子犬をいきなり外に連れていくと、騒音や知らないニオイでパニックになることも考えられます。
お散歩の練習がてら庭でリードをつけて歩いてみたり、抱っこした状態で家の前に出てみるなど少しずつ慣らしていきましょう。

子犬がお散歩デビューする理想的な時期は?

子犬をわが家に迎える時期は一般的に生後3カ月くらいが最も多く、生後1カ月から2カ月半ごろに最初のワクチンが行なわれます。
2回目のワクチンはその1カ月後くらいになりますので、わが家にやってきたときに1回目のワクチンを終わらせているなら2回目のワクチンを終えてからお散歩デビューするようにしましょう。

ワクチンを接種していない子犬は免疫力が低いので、お散歩中にどんな病気を持ち帰るか分かりません。必ずワクチンを接種して、2〜3週間ほど経過してからお散歩を始めるようにします。

ワクチンの回数や種類は病院によって異なりますので、お散歩デビューをする時期はいつ頃がよいのか必ず病院で事前に相談しておきましょう。

お散歩デビュー前に揃えておくもの

子犬をお散歩させるときは、飼い主も周囲に迷惑をかけないよう事前に準備が必要です。

首輪やリードはもちろんですが、排便をしたとき用のゴミ袋、のどが渇いたときに飲ませる水や容器なども用意しておきましょう。水は飲み水としてだけでなく、排尿したときにかけるニオイ消しとしても活用できます。

また、子犬のリードが外れてしまったときのために、連絡先が書かれた迷子札など身元が分かるものを念のため付けておきましょう。

まとめ

子犬のお散歩デビューで気を付けるポイントについてご紹介しました。
お散歩デビューには、最初に首輪に慣れさせたり、ワクチンを行なう時期によってタイミングを見計らう必要があることを実はご存知なかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

飼い主も犬の便などはきちんと片付けるなどマナーをしっかり守って、楽しく子犬をお散歩デビューさせてあげてくださいね。

Read More

知る・学ぶ 2019-06-21

犬を飼うときの基本的なしつけについて

犬といえば昔からペットとして親しまれており、現在でも猫と1、2位を争うほど人気がある動物です。
犬は飼い主にとても従順で呼べばすぐに飛んでくるなど、その愛らしい姿に心を奪われる人も多いはず。

一方、犬をペットとして飼うことを決めた場合、しっかりとしたしつけが必要とされます。
そこで、今回は特に初めて犬を飼う人に向けて、どのようなしつけをすればよいのかご紹介いたします。

家族でしつけ用語と対応方法を統一する

犬を迎える前に、まず家族で決めておかなくてはならないことがあります。
それは犬に対してのしつけ用語と、しつけの際にどのような対応を行なうかという点です。

特に、子犬のうちはやんちゃなため家中のものを噛んでボロボロにしたり、どこでもトイレをしてしまいます。
そんなときに家族が各自バラバラの言葉で叱りつけると、犬は混乱してしまって怒られていることを理解できません。

犬が怒られることをしたときは「ダメ!」と大きめな声を出すなど、家族で用語を統一しておくようにしましょう。
犬が理解しやすいように、しつけ用語は短めの一言にしておくのがオススメです。

また、犬を叱るポイントも家族で決めておきましょう。犬が同じイタズラをしたときに家族が叱ったり叱らなかったりとバラバラの対応をしていると、犬は家庭内のルールをいつまでたっても覚えられません。

例えば、この部屋には入らせない、テーブルの上には乗せないなど、家族でルールを決めておくと犬のしつけもしやすくなります。

トイレは早めにしつけておこう!

犬を飼ったら早い段階でしつけておきたいのがトイレではないでしょうか。
犬がソワソワしだしたり床のニオイを嗅ぎ始めたときは、トイレサインですので見逃さないようにしましょう。

犬用のトイレトレイをあらかじめ用意しておき、トイレサインを発したらすぐにトレイに犬を連れていきます。
子犬のうちは1、2時間おきに排泄するため、定期的にトイレに連れていくことも必要です。犬の食後や寝起きなどもすぐにトイレに連れていくようにしましょう。

最初のうちは失敗することもありますが、叱らずに根気よくトイレに連れていくことを繰り返せば1カ月程度でトイレを覚えてくれます。

食事をしつけに上手く利用しよう!

犬の前に食事を置くと、最初はすぐに食べ始めてしまいます。
食事をただ目の前に置くのではなく、まずは「座れ」と「待て」を覚えさせて犬が成功したら食事を与えるように少しずつ練習しましょう。

最初は難しいかもしれませんが、「座れ」や「待て」がうまく成功したご褒美におやつを与えるようにすれば徐々にできるようになります。

また、犬は人間が食べているものを見て欲しがるため、つい与えてしまう人も少なくありません。
しかし、人間の食べ物は犬にとって塩分や糖分が高すぎる場合があるため、内臓疾患を引き起こしてしまうこともあります。

人間の食べ物は、欲しがっても絶対に与えないようにしつけることも大切です。

まとめ

初めて犬を飼うときのしつけの基本をご紹介しました。
犬のしつけは根気よく継続することが重要です。失敗しても叱らずに、うまくできたら褒めてあげるを繰り返すことで犬もしつけのルールを覚えていきます。

犬によって、覚える速さも違います。なかなか覚えられなくても焦らず、ゆっくりと楽しんでしつけてくださいね。

Read More

知る・学ぶ 2019-06-12

飼う前に知っておきたいウサギの特徴について

これからペットを飼いたいと考えている方の中には、ふわふわで愛らしいウサギの飼育を考えたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ウサギは飼い始めると犬や猫と同じように飼い主になつく可愛らしい動物です。しかし犬や猫と比べると、家庭でウサギを飼育するイメージはしにくいですよね。

そこで今回は、ウサギを飼うときの基礎知識についてご紹介します。

ウサギの習性や特徴とは

まず初めに、ウサギの特徴や習性についてお話しします。

ウサギの最大の特徴である大きな耳は、自然の中で身を守るための機能や体温を下げる機能を持ち合わせています。

さらに、ウサギの歯は全歯ともすべて伸び続ける特徴があり、1年に約12センチほど伸びます。しかし、野生のウサギは繊維分の多い草や木の皮などを主食にしているので、伸びすぎることなく自然に歯は摩耗していきます。

そして、一般的にペットとして飼われるウサギは、「ヨーロッパアナウサギ」という種類を改良したものがほとんどになります。

別名で「イエウサギ」とも呼ばれているアナウサギは、土の中に巣穴を掘る習性があるため、ペットとして飼育していても前足で土を掘るような仕草を見せることがあります。

また、ウサギの寿命は種類によって異なり、平均すると5年から10年くらいといわれていますので最後まで責任を持って飼育する環境づくりと心構えが必要です。

ウサギを室内で飼育するときの注意点

ウサギを室内飼いする場合は、ケージに入れて飼育するようにしましょう。

ケージに閉じ込めるとかわいそうと思うかもしれませんが、放し飼いは自由に走り回れる一方で、硬い床のフローリングのせいで足を痛めて病気になることも考えられます。

しかし、ウサギには適度な運動も必要です。コルクマットなど柔らかい素材の敷物などを用意してウサギを運動させるスペースも作りましょう。

さらに、ウサギは何でもかじってしまう習性があるので、放し飼いにしていると電源コードや家具、柱など目につくものをかじってしまう恐れがあります。
ウサギにとっても危険ですので、部屋に放すときは危ないものを別の場所に移動しておきましょう。

また、ウサギは骨が比較的弱い動物ですので、高いところから下ろしたり強く抱いたりするのはやめましょう。

まとめ

ウサギを飼う前に知っておきたい特徴についてご紹介しました。

今回ご紹介した点に加えて、ウサギがなりやすい病気なども事前にチエックをし、近所の病院でウサギの診察はしてくれるのかなどもしっかり確認するようにしましょう。
特に初めてウサギを飼育する方は、ペットショップなどでプロの人の話をしっかり聞いてから飼ってくださいね。

どの動物にも共通して言えることですが、ペットを飼うときは責任をもって最後までしっかりと面倒を見ましょう。

Read More

楽しむ 2019-05-23

满堂彩を飼ってみよう! オススメの動物3選

日本でペットとして飼育する動物は多種多様に存在していますが、カメレオンなどの爬虫類は昔から根強い人気を誇っています。爬虫類のちょっと変わった可愛らしい見た目に魅力を感じて飼う方が多いようです。

そこで今回は、ペットとしてオススメの爬虫類を3つご紹介いたします。

長生きで実は人懐っこい?! カメ

爬虫類の中でも長生きなことで知られているカメは、ペットショップやホームセンターなどで手に入りやすく、飼育もしやすい動物として親しまれています。

現在は多くの種類のカメが販売されていますが、特に「クサガメ(ゼニガメ)」や「イシガメ」、「セマルハコガメ」などが人気のようです。

カメは実は人懐っこいため、慣れてくると飼い主の元へ向かってきてくれることもある可愛いらしい一面があります。

一方で、カメは意外に動きが素早い動物ですので、脱走して外へ逃げてしまわないように注意し、カメを触ったあとは必ず手を石鹸でよく洗いましょう。 また、カメは排泄などで水を汚しやすいため水槽のこまめな掃除も大切です。

さらに、長寿なこと知られているカメは種類によっては30年以上生きます。長生きなカメを最後まで責任を持って飼育する意識を持ち、途中で捨てたりするのは絶対にやめましょう。

現代に生きる優しい恐竜?! イグアナ

まるで現代に生きる恐竜のような姿のイグアナも爬虫類のペットとして人気の動物です。

イグアナは怖そうな見た目に反して性格がおとなしく、温厚な性格をしていることで多くの人々から親しまれています。また、十分なスペースが確保できる場合は室内で放し飼いすることも可能ですし、しつけすればトイレも覚えられる動物です。

イグアナの中でも、「グリーンイグアナ」という種類は特に飼育しやすいといわれ、主に野菜や果物を食べるため昆虫を餌として用意することに抵抗がある方から人気のようです。

そのほかには、「マダガスカルミツメイグアナ」や「サバクイグアナ」という種類が飼育しやすいことで知られています。

長く伸びる舌が個性的なカメレオン!

カメレオンは環境に合わせて体の色が変わり、獲物を捕らえるために長く伸びる舌を持つなど、爬虫類の中でも特に変わった動物ですよね。

そんな個性的な特徴を持つカメレオンですが、一方で飼育が難しい生きものとしても知られています。

カメレオンはとても繊細なため、1つのケージに複数の個体を入れるのはもちろん、ガラスに映った自分の姿を見るだけでもストレスを感じるそうです。

また、飼育する環境の温度や湿度設定、餌やりなどもほかの動物に比べると条件が難しいためしっかりとした知識が必要です。飼育前にしっかりと勉強をして予備知識をつけておきましょう。

カメレオンの中では、「エボシカメレオン」や「パンサーカメレオン」という種類が比較的飼育しやすいといわれています。

まとめ

ペットとしてオススメの爬虫類を3つご紹介いたしました。

カメレオンやイグアナは珍しいペットとして人気がありますが、カメも飼育しやすく人懐っこいためオススメです。ペットの飼育を検討している方は、犬や猫に加えて今回ご紹介した爬虫類もぜひ候補に加えてみてはいかがでしょうか?

また、爬虫類を飼育する際は、病院によっては爬虫類を診察できない場合がありますので、自宅の近くの動物病院でしっかり検査できるかも事前に確認しておきましょう。

Posts List