「知る・学ぶ」 の記事一覧

Read More

知る・学ぶ 2019-08-30

ライオンが「百獣の王」と呼ばれる理由とは?

数多くいる動物たちの中で、「百獣の王」と呼ばれ最も強いといわれているライオン。
輝く金色のたてがみを持ち、彫刻や絵画をはじめ映画や文学などでも王のモチーフとして広く扱われているオスのライオンですが、なぜ「百獣の王」と呼ばれているのかご存じでしょうか?

今回は、ライオンが「百獣の王」と呼ばれる理由についてご紹介します。

「百獣の王」ライオンの生態

ライオンは、食肉目ネコ科ヒョウ属に分類されている食肉類の哺乳類です。
主にアフリカやインドの一部の地域で生息しており、サバンナや草原で生活していることで知られています。

ネコ科のなかではライオンは唯一群れを形成する動物であり、その理由には諸説がありますが、ハイエナの群れに対抗するためという説や、仲間と連携して獲物を捕まえやすくするためといわれています。

また、オスのライオンは金色や茶色、もしくは黒色のたてがみという特徴的な外見を持ち、世界中で王のモチーフとして彫刻や絵画などで扱われることが多い動物です。
たてがみは、相手に対して身体を大きく見せて威嚇したり、攻撃から首を守るのに役立っていると考えられています。

ライオンが「百獣の王」と呼ばれる理由

金色のたてがみを持ち、昔から「百獣の王」として人々に親しまれてきたライオンは、それぞれ諸説ありますがシンガポールのマーライオンや、エジプトのスフィンクスをはじめとする彫刻や絵画、さらには国旗や国章など、世界中で王や権力などの象徴となっており、日本では沖縄のシーサーのモデルになったともいわれています。

しかし、実はライオンが「百獣の王」と呼ばれるようになった明確な理由はわかっていません。
一方では、ライオンの群れは通常メスが5〜6頭に対して、オスは1〜2頭の場合が多く、オス1頭で群れのメスたちを率いる姿が国を守る王のイメージと重なり、「百獣の王」と呼ばれるようになったのではないかといわれています。

「百獣の王」ライオンは本当に強い?

「百獣の王」と呼ばれているライオンは、動物のなかで最も強いというイメージを持つ方も多い動物ですが、実はそれほど圧倒的に強いというわけではありません。

ライオンの狩りの成功率は20〜30%ほどと低く、サイやカバに負けてしまうこともあるそうです。
さらに、ライオンのオスはほとんど狩りをしないのが特徴で、メスが主体となって獲物を狙います。また、1匹で獲物を倒すのではなく、チームプレーで狩りをするのも大きな特徴です。

しかし、キリンやカバ、水牛など大きな動物にメスのライオンたちが苦戦していると、オスが現れて獲物を倒すことがあります。
そのため、ライオンのオスはほかの動物と比べても圧倒的に強いわけではありませんが、いざというときにピンチのメスたちを助けて厳しい自然を生き抜く強さはあるようです。

まとめ

ライオンが「百獣の王」と呼ばれる理由についてご紹介しました。
数多くいる動物たちのなかでも「百獣の王」といわれ、最も強いというイメージを持っていた方は、実がオスは狩りにほとんど参加しないことに驚かれたのではないでしょうか?

しかし、オス1頭で群れのメスたちを守っている姿や、輝く金色のたてがみを持つ立派な姿が遥か昔から王のシンボルとして人々が憧れ、日本でも動物園の顔として親しまれています。動物園に足を運んだ際は、ぜひライオンの立派な姿を鑑賞してみてくださいね。

Read More

知る・学ぶ 2019-08-15

フクロウを飼う前に知っておきたい基本知識

かわいらしい見た目で年々人気が高まっているフクロウ。
中でも、手のひらサイズの小柄なフクロウはとても愛らしく、ペットとして家族に迎えたいと思う人も多いようです。

そこで今回は、フクロウの飼育に欠かせない基礎知識についてご紹介します。

フクロウはペットとして飼っていいの?

日本では飼育環境さえ整えられるのであれば、誰でもフクロウを飼うことができます。
ただし、どんなフクロウでも飼育できるというわけではありません。

フクロウは、通称ワシントン条約と呼ばれる「CITES(サイテス)絶滅のおそれのある野生動植物の種類」に含まれているため、野生のフクロウを捕まえて飼育するのは違法行為にあたります。

そのため、正規の手続きを踏んで輸入したフクロウか、または輸入したフクロウを繁殖させた個体のみペットとして飼うことが可能です。

フクロウは「なつかせる」のではなく「慣れさせる」ことが大事

フクロウを飼育している人のSNSやブログを見ると、まるで犬や猫のようになついている姿を見かけることもありますが、実際にはフクロウは人間になつくのは難しい生き物といわれています。
まれに人間になつくフクロウもいるようですが、ひなのときから飼育しているなど、よほどのことがない限り人間に対してなつくことはないようです。

さらに、フクロウは鋭いくちばしや爪を持つ「猛禽(もうきん)類」なので、驚いたりストレスがたまったときなどは飼い主に対して襲ってくる恐れもあります。

そのため、フクロウを飼育する場合は、「なつかせる」ことよりも「慣れてもらう」ことを頭に入れておいたほうがよいでしょう。

フクロウのエサやりは想像以上に大変

フクロウは肉食動物なので、主食としてマウスやひよこなどの肉を与えなくてはなりません。マウスやひよこは栄養価が高いので、生のまま丸ごと与えるのが理想的です。

また、 マウスやひよこなどを餌用として丸ごと冷凍しているものが販売されていますが、それを解凍して下処理を行い、場合によっては肉を細かくさばいて与えなくてはなりません。
そのため、動物そのままの形で見た目の衝撃度も強く、餌用のマウスに触れられないという人も多くいらっしゃいます。

さらに、冷凍庫にマウスやひよこなどをストックしておかなくてはならないので、フクロウ用の冷凍庫も用意しておいたほうがよいでしょう。

スーパーで販売している生肉でよいのではと思う人もいますが、スーパーで販売している肉は人間用として丁寧に血抜きがされており、フクロウにとって必要な栄養素が不足しているためエサには向いていないのです。

このように、フクロウのエサやりは慣れていないと飼い主にも大きな負担がかかりますので、飼育を検討している場合はよく考える必要があります。

まとめ

フクロウを飼う前に知っておきたい基本知識をご紹介しました。
フクロウはとても可愛らしく、ペットにしたいという方も多い動物ですが、飼育するには大変な一面もあります。

最近では、フクロウと触れ合うことができる「フクロウカフェ」なども増えていますので、まずはそういったところに足を運んで話を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

Read More

知る・学ぶ 2019-07-23

子犬のお散歩デビュー! 気を付けるポイントは?

犬を飼い始めた方にとって、一緒にお散歩に出掛けることは楽しみの1つではないでしょうか?

待ちに待った子犬がわが家にやってきて、お散歩デビューさせるのは最初の大きなイベントです。
しかし、子犬を飼い始めて間もない飼い主さんにとっては、いつからお散歩に行っていいのか、どのような点に注意すればよいのか分からないことが多いかと思われます。

そこで今回は、子犬のお散歩デビューで気を付けるポイントについてご紹介します。

子犬の散歩デビュー前に気を付けるポイント

子犬がわが家にきたばかりのころは、まだ首輪をつけていないことも多いでしょう。子犬のお散歩デビューは、まずは首輪をつけることから始まります。

最初は首輪に慣れさせよう

最初は首輪をすると嫌がる子犬も多いので、少しずつ慣らしていくことが必要です。
まずは、リボンなど軽くて小さいものを首輪の代用にして慣れさせましょう。いきなり首に結ばずに、子犬の首に対して緩めの輪っかにしたものを作り、おやつなどで誘導し自ら首を通すように促して装着します。
強引に装着すると首輪に対する嫌悪感を感じて慣れにくくなってしまいますので注意しましょう。

首輪のつけ始めで落ち着かない子にはおもちゃで気を紛らわしたり、大人しくなってしまう子にはおやつをあげたりするのも有効です。子犬の性格に合わせて色々工夫して慣らしていきましょう。

リードをつけて室内トレーニング

首輪に慣れたら、次はリードに慣れさせます。リードの感覚に慣れないうちは足に絡ませたり、飼い主にじゃれついてきちんと歩けないこともあります。
さらに、首が引っ張られる感覚が慣れず、リードを嫌がってしまうこともあります。そのため、最初のうちはリードをつけたまま部屋の中で過ごし、リードの存在そのものを慣れさせるようにしましょう。
その後、飼い主がリードを持って歩くことに慣れるよう、室内で事前にトレーニングするのがオススメです。

また、子犬をいきなり外に連れていくと、騒音や知らないニオイでパニックになることも考えられます。
お散歩の練習がてら庭でリードをつけて歩いてみたり、抱っこした状態で家の前に出てみるなど少しずつ慣らしていきましょう。

子犬がお散歩デビューする理想的な時期は?

子犬をわが家に迎える時期は一般的に生後3カ月くらいが最も多く、生後1カ月から2カ月半ごろに最初のワクチンが行なわれます。
2回目のワクチンはその1カ月後くらいになりますので、わが家にやってきたときに1回目のワクチンを終わらせているなら2回目のワクチンを終えてからお散歩デビューするようにしましょう。

ワクチンを接種していない子犬は免疫力が低いので、お散歩中にどんな病気を持ち帰るか分かりません。必ずワクチンを接種して、2〜3週間ほど経過してからお散歩を始めるようにします。

ワクチンの回数や種類は病院によって異なりますので、お散歩デビューをする時期はいつ頃がよいのか必ず病院で事前に相談しておきましょう。

お散歩デビュー前に揃えておくもの

子犬をお散歩させるときは、飼い主も周囲に迷惑をかけないよう事前に準備が必要です。

首輪やリードはもちろんですが、排便をしたとき用のゴミ袋、のどが渇いたときに飲ませる水や容器なども用意しておきましょう。水は飲み水としてだけでなく、排尿したときにかけるニオイ消しとしても活用できます。

また、子犬のリードが外れてしまったときのために、連絡先が書かれた迷子札など身元が分かるものを念のため付けておきましょう。

まとめ

子犬のお散歩デビューで気を付けるポイントについてご紹介しました。
お散歩デビューには、最初に首輪に慣れさせたり、ワクチンを行なう時期によってタイミングを見計らう必要があることを実はご存知なかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

飼い主も犬の便などはきちんと片付けるなどマナーをしっかり守って、楽しく子犬をお散歩デビューさせてあげてくださいね。

Read More

知る・学ぶ 2019-07-16

動物看護師が国家資格に! 「愛玩動物看護師法」が成立

2019年6月21日、国会で「愛玩動物看護師法」が成立し、動物病院で獣医師をサポートする動物看護師の国家資格化が実現しました。

これにより、早ければ2023年にも第一回目の国家試験が実施され、国家資格「愛玩動物看護師」が誕生します。

動物看護師の国家資格化が実現

「動物看護師」は、主に動物病院で動物の治療や診療を行なう獣医師をサポートする仕事です。動物の大切な命に関わる仕事ですので、業務内容も多岐にわたり幅広い知識や技術が必要です。

これまで動物看護師は国家資格がなく、現場で活躍している人のほとんどが知識や技術をしっかりと学んだあとに民間資格を取得していました。
しかし、今後は国家試験を受けて合格すると「愛玩動物看護師」の資格を取得できるようになります。

昨今は犬や猫などをペットとして家族に迎え入れる方が増えており、獣医療へのニーズも高まっていることが今回の「愛玩動物看護師法」の成立につながりました。

满堂彩を支える動物看護師になるためには?

「愛玩動物看護師法」の成立によって動物看護師の国家資格化が実現したことにより、今後は獣医療を支える動物看護師へのニーズがさらに高まるとみられています。
また、国家資格を取得すると、獣医師の指示で犬や猫へのマイクロチップの挿入や採血、投薬などを行なうことができるようになるため、より幅広い知識や技術が求められるようにもなります。

これから動物看護師を目指そうとお考えの方は、将来的に国家試験に合格して「愛玩動物看護師」の資格を取得するためにも、まずは専門の教育機関などでしっかりと学び、獣医師や飼い主、ペットに信頼される力をつけましょう。
専門学校などの教育機関では、 プロの講師から学べるだけでなく、実際に動物を扱う実習が受けられるほか、現場で即戦力となる力が習得できます。

将来、現場で活躍できる動物看護師を目指すならば、まずは資格取得を目標に専門学校などで効率よく学び、しっかりと知識や技術を身につけましょう。

Read More

知る・学ぶ 2019-06-27

满堂彩に役立つ猫の抜け毛対策とは?

可愛らしいフワフワの毛並みは猫の魅力の一つですよね。見た目の可愛さだけでなく、触ったときのモフモフ感に癒やされる方も多いことでしょう。

しかし、季節の変わり目となる春や秋は一気に抜け毛が増える「換毛期」に入っていきます。抜け毛が多い時期は部屋にも毛がたまりやすいため、早めに対策することをオススメします。

そこで今回は、簡単にできる猫の抜け毛対策についてご紹介します。

猫の抜け毛対策はシャンプーが効果的?!

抜け毛が多い季節になってきたら、猫をお風呂に入れてあげましょう。
猫は、春になると暑い夏に備えて長い毛が短い毛に生え変わり、秋になると寒い冬に備えて長い毛に生え変わるという特徴があります。

猫はあまりお風呂に入れなくてもよい動物ですが、冬の寒さを乗り切るために生えていた保温性の高い毛は暖かい時期になると猫自身も暑がるので、シャンプーしてあげると毛が抜け落ちて過ごしやすくなります。
特に、毛が短い種類の猫の場合は、シャンプーするだけでかなりの毛が落ちてさっぱりするため効果的です。

一度のシャンプーで不要な毛が全て落とせるわけではありませんので、様子を見ながら間隔をあけてシャンプーしてあげるとよいでしょう。
しかし、あまりにも嫌がる場合はストレスにつながりますので、様子を見ながらシャンプーをするかしないかを判断しましょう。

毛が長い種類の猫ならカットも考えよう

毛が長い種類の猫の抜け毛対策は、お風呂に入れるだけでは解決しない場合も多くみられます。毛が長い分、それだけ暑さを吸収してしまうので定期的なカットが必要になります。

また、伸びた毛が絡まって毛玉になる原因となり、簡単に取り除けない場合があります。
そこで、毛が長い猫の換毛期は抜け毛と暑さ対策として、バリカンで毛を刈ってサマーカットにしてしまうという方法もあります。

冬までに生えそろう長さでバリカンをしておくと、猫も夏を涼しく快適に過ごせます。
しかし、バリカンは使い方に慣れていないと猫の肌に傷を負わせてしまうこともありますので、トリマーに毛を整えてもらうのがよいでしょう。

猫の抜け毛対策はこまめなブラッシングも効果的

オーソドックスかもしれませんが、猫の抜け毛にはこまめなブラッシングも効果があります。
すべての抜け毛を取り除くことはできませんが、毎日定期的にブラッシングすることである程度の抜け毛は対策できます。

猫用のブラシは各メーカーがさまざまな種類のものを販売していますので、季節や猫の種類に合わせたものを購入しブラッシングしてあげましょう。

まとめ

猫の抜け毛対策についてご紹介しました。猫の抜け毛にはいろいろな対策がありますが、まずは猫がイヤがらないかどうかを重視して方法を選ぶことが大切です。

猫は一度イヤがると、二度目はさらにイヤがります。無理に続けるとストレスがたまってしまい、体調不良などを引き起こす可能性もあります。猫のことを一番に考えて、その子に合った方法で行なうようにしましょう。

Posts