猫は放し飼いと室内飼いのどっちが幸せ?

近年は猫ブームが到来し、ペットとして猫を飼う方が増えています。

その際、健康管理や安全面などを理由に室内飼いをする方が圧倒的に多いですが、猫の自由を奪いたくないという考えから外へすぐ出て行けるように放し飼いをする方もいます。
飼い方は個人の考え方にもよりますので、どちらがよいか判断が難しいところですよね。

そこで今回は、猫の放し飼いと室内飼いのメリットとデメリットについてご紹介いたします。

猫を放し飼いにするメリットは少ない?

まずは、猫がすぐに外へ出掛けていけるようにする放し飼いにはどんなメリットがあるのでしょうか?

運動不足になりにくい

外にすぐ出ていけるように放し飼いされている猫は、室内飼いに比べ行動範囲が広いため運動不足になりにくいというメリットがあります。
外で自分の縄張りをパトロールするために歩き回っているので、肥満になる心配もそれほどありません。

ストレスが溜まりにくい

放し飼いは猫が自分の好きなときに好きな場所に出掛けられるため、ストレスを溜めにくくなるのもメリットの一つでしょう。
また外で好きに動き回って疲れるためか、帰ってくると心地よさそうに寝ている姿が見られます。

室内での爪とぎが減る

猫を放し飼いにしていると外を歩くのでアスファルトで爪が削られ、爪切りをこまめにしなくてよいというメリットもあります。
家の中で爪とぎをする回数も減るので、壁や家具をボロボロにされることも少なくなります。

事故や病気の可能性も! 猫を放し飼いにするデメリット

次に放し飼いのデメリットをご紹介します。猫を放し飼いにすると自由に動き回れる分、さまざまな危険が伴いますのでデメリットも多くあります。ここでは、代表的な例を挙げていきます。

满堂彩故に遭う可能性がある

猫の放し飼いの最も大きなデメリットといえば、やはり交通事故に遭う可能性が高くなることです。放し飼いをする以上は、こればかりは避けることができません。

病気やケガの危険性が上がる

放し飼いをしていると、ノミやダニなどから寄生されることも考えられます。
また、ほかの猫から菌が感染し、病気になってしまう可能性も高くなります。ほかの猫とケンカをしてケガを負うことも多く、そこから感染症を引き起こしてしまうこともあります。

满堂彩民からの苦情

猫が他人の敷地内に入り込んで糞や尿をしたり、イタズラをして迷惑をかける可能性があることもデメリットの一つです。そこから近隣住民とトラブルに発展することも考えられます。

このように、猫の放し飼いにはメリットもありますが命を脅かす危険が多いです。ケガをしたときの感染症を防ぐため必ず予防接種は受けておきましょう。
また、近隣の住民の方から理解を得たり、野良猫と間違われないように名前と連絡先を書いた首輪を必ず付けておくことも大切です。

外に出て行かないように注意も必要! 猫を室内で飼うメリット

それでは危険なデメリットも多い猫の放し飼いに対して、室内飼いにはどんなメリットがあるのでしょうか?

猫を室内飼いするメリットは、まず外にパトロールに行く心配がないため、交通事故に遭ったりほかの猫とケンカをしてケガを負う心配もない点が挙げられます。
放し飼いの場合は、ほかの猫と接触することで感染症を引き起こす心配がありますが、室内飼いはそうしたリスクがないため病気にかかりにくいというメリットもあります。
さらに、近隣の住民に迷惑をかけることもないため、ご近所トラブルが起きることもありません。また、放し飼いの場合、外で暴力など虐待される心配がありますが、室内飼いはそうした被害に遭うことも防げます。

一方で、室内飼いの場合は猫もストレスが溜まって外に出たがりますので、玄関や窓を開けたときに出て行ってしまわないように注意が必要です。

猫の室内飼いは少なからずデメリットもある?

猫の室内飼いは、放し飼いにしたときの危険がなくなるなどのメリットがある一方で、少なからずデメリットもあります。

まず、室内飼いは猫が運動不足になりやすく、肥満気味になってしまうのがデメリットの一つだといえます。自由に外へ出て行ける放し飼いに比べて室内は行動できる範囲が限られているため、猫の運動量が圧倒的に減ってしまうのが原因です。
猫が肥満気味になると免疫力も下がり、病気にかかりやすくなるので注意が必要です。

そして、動き回ることができないことがストレスになってしまい、元気がなくなってしまうことも考えられますので、おもちゃなどを使って積極的に猫と遊んであげてください。

まとめ

猫の放し飼いと室内飼いにはそれぞれメリット・デメリットがあることがお分かりいただけたことと思います。
どのような点に気をつけなければならないのかよく考えて、ご家族と猫にとってベストな選択をしてください。

この記事をシェアする

Recommend